<mark id="pcqnp"></mark>
<b id="pcqnp"><sub id="pcqnp"><blockquote id="pcqnp"></blockquote></sub></b>
<b id="pcqnp"><small id="pcqnp"></small></b>

<acronym id="pcqnp"><li id="pcqnp"></li></acronym> <b id="pcqnp"><sub id="pcqnp"><dl id="pcqnp"></dl></sub></b>

    <mark id="pcqnp"><div id="pcqnp"><u id="pcqnp"></u></div></mark>

    1. <tt id="pcqnp"><address id="pcqnp"><ol id="pcqnp"></ol></address></tt>
    2. <i id="pcqnp"><tr id="pcqnp"><samp id="pcqnp"></samp></tr></i>

      社長からのメッセージ

      すべての出会いと経験を大切にできれば、想像がつかない展開も新しいステップへの きっかけになる。「柔軟性の中にある強さ」を学校づくり・経営にも 活かしてゆきたいと考えています。

      はじめまして、有限会社 アプリ 代表取締役 宮原朱見(みやはらあけみ)といいます。 パソコン教室、教育訓練、ネットショッピングを運営しています。

      専業主婦だった私が会社を経営するのに至ったのは、主人が突然倒れたことです。女性が仕事をするのは、育児やスキルなどいろいろな障害も多いもの、でも自分が経験したことを人に伝えるのは私にもできるかも知れないと、会社を始めることを決意しました。
      「主婦による主婦のための働きたい女性のためのパソコン教室」こんなターゲットを絞ったわかりやすい教室が生まれたのは、大阪産業創造館が主催するマーケティング塾の合宿に「エクスペリエンスマーケティング塾」1期生として縁があったことがきっかけです。

      「価値の伝え方」がすべて→その価値を伝えられなければ、存在しないも同じ。この考え方を教えていただいたのが藤村正宏先生です。その考え方をベースに少しずつ「アプリ」も進化してきました。働きたい女性の方を支援するためにはただスキルを身につけるだけではいけない、キャリアコンサルタント(LEC天野先生)を学び、心理学(エンパワーメントコーチング野村ひろ子先生)を学び、バランスのとれる人づくりが今の課題となっています。もっとわかりやすく表現するために「西洋占星術」(山田ありす先生)も学びました。会社をはじめて8年、パソコン教室を始めた時には想像もつかない展開になっていますが、すべてに意味があり何も無駄がないのです。教室などの縮小化に伴いリストラ防止のために、ネットショッピングを始めたのですが、今はその事業もアプリの大切な事業の一つになっています。

      2010年参加した、あきんど塾では、これまでのあやふやな経験をまとめる作業や中期経営計画などを作り、経営者にもバランスが必要なことを学びました。 たくさんの方とめぐりあい、助けられ、今は充実した楽しい仕事をさせていただいています。 専業主婦だった私が会社をするのだから、上手くいけばラッキーという精神がありましたが、これからは会社として目的、目標をもって行動していきます。

      就職支援制度による 教育訓練事業として、アプリ羽衣駅前校(パソコン簿記講座) アプリ心斎橋スクール(パソコン、簿記、医療事務、心理学) アプリなかもずスクール(介護) ただスキルだけではなく、人として、仕事の中動線を考えられる人の育成、 コミュニケーション、チームワークも一緒に教えられる学校を目指していきます。



      アプリ社長の日記
      Page top
      エノォヘユセ